○最高号俸を超える給料月額を受ける職員の給料月額等を定める規則

昭和49年7月1日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(昭和49年上松町条例第22号。以下「昭和49年条例第22号」という。)附則第2項の規定により、最高号俸を超える給料月額等に関し必要な事項を定めるものとする。

(最高号俸を超える給料月額を受ける職員の給料月額)

第2条 昭和49年条例第22号附則第2項に規定する職員の昭和49年4月1日における給料月額は、同日におけるその者の昭和49年条例第22号による改正前の一般職の職員の給与に関する条例(昭和39年上松町条例第4号。以下「改正前の条例」という。)の規定による給料月額に100分の110を乗じて得た額(その乗じて得た額に100円未満の端数を生じた時は、これを切り捨てた額)とする。

(期間の通算)

第3条 前条の規定により、昭和49年4月1日における給料月額を決定される職員に対する同月2日以後の最初の昇給規定の適用については、同月1日におけるその者の改正前の条例の規定による給料月額を受けていた期間(町長の定める職員にあっては、町長の定める期間を増減した期間)をその者の前条の規定による給料月額を受ける期間に通算する。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和49年4月1日から適用する。

最高号俸を超える給料月額を受ける職員の給料月額等を定める規則

昭和49年7月1日 規則第6号

(昭和49年7月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
昭和49年7月1日 規則第6号