○上松町小企業振興資金あっせん規則

昭和51年1月20日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、上松町小企業振興基金条例(昭和51年上松町条例第1号。以下「条例」という。)第3条第2項の規定に基づき、町内小企業者にその事業に必要な資金のあっせんを長野県信用保証協会(以下「保証協会」という。)並びに金融機関の協力によって行い、事業資金の円滑化を図り、もって町内産業の振興発展に資することを目的とする。

(資金の区分)

第2条 この資金は、運転資金及び設備資金とする。

(資金の預託)

第3条 町長は、融資に必要な資金として条例第2条に定める範囲内の金額を保証協会に預託する。

2 預金期間は1か年とする。ただし、引き続きあっせんを行う場合は、期間を延長することができる。

3 保証協会は、預託額の4倍を限度として融資の保証を行うものとする。

(申込資格)

第4条 融資のあっせんを受けることができる者は、町内に居住する従業員20名以下の小企業者であって、1年以上継続して事業を営み、町税を完納した者(個人にあっては本人及び本人と生計を一にする者、法人にあっては法人代表者(法人役員を含む。)で町税を完納した者)であって、健全な経営資金の借入れを希望するものであることを申込資格とする。

(貸付金の限度及び条件)

第5条 貸付金の限度及び条件は、次の各号に定めるところによる。

(1) 貸付限度 1企業につき 500万円以内

(2) 貸付期間 運転資金 60か月以内 設備資金 84か月以内

(3) 貸付利率年 率9.0%以内

(4) 貸付方法 金融機関の定めるところによる。

(5) 償還方法 元金均等月賦償還。ただし、6か月以内の据置きを認める。

(保証)

第6条 保証は原則として無保証人とする。法人の場合は代表者を保証人とする。

2 貸付金は、保証協会の保証に付するものとする。

3 前項の保証料は、上松町の負担とする。

(申込み)

第7条 融資を受けようとするものは、上松町小企業振興資金あっせん申込書(別記様式)4通を上松町商工会を通じて町長に申し込むものとする。

(貸付けの決定)

第8条 町長は前条の申込みを受けたときは、速やかに査定し、適格者を金融機関に通知して融資のあっせんを行うものとする。

(金融機関の指定)

第9条 町長は、この規則の実施について金融機関の指定を行うほか、保証協会並びに金融機関との協定を行うものとする。

(補則)

第10条 この規則に定めるもののほか、融資あっせんに関する必要な事項は、町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は公布の日から施行し、昭和51年1月20日から適用する。

(上松町小企業振興資金あっせん規則の廃止)

2 上松町小企業振興資金あっせん規則(昭和49年上松町規則第1号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この規則施行の際、旧規則の規定による貸付金の償還期間の存する者の条件は従前の例による。

附 則(昭和51年規則第7号)

この規則は、昭和52年1月1日より施行する。

附 則(昭和53年規則第1号)

この規則は、昭和52年2月1日より施行する。

附 則(昭和54年規則第1号)

この規則は、昭和54年2月1日より施行する。

附 則(昭和56年規則第5号)

この規則は、昭和56年6月1日より施行する。

附 則(昭和57年規則第10号)

この規則は、公布の日より施行する。

附 則(昭和61年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和63年規則第13号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、平成11年1月11日から適用する。

附 則(平成19年規則第28号)

この規則は、平成19年4月11日から施行する。

附 則(平成21年規則第8号)

この規則は、平成21年7月1日から施行する。

様式 略

上松町小企業振興資金あっせん規則

昭和51年1月20日 規則第2号

(平成21年7月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済
沿革情報
昭和51年1月20日 規則第2号
昭和51年12月16日 規則第7号
昭和53年1月24日 規則第1号
昭和54年1月9日 規則第1号
昭和56年6月1日 規則第5号
昭和57年4月1日 規則第10号
昭和61年4月1日 規則第10号
昭和63年4月1日 規則第13号
平成5年4月1日 規則第7号
平成11年1月7日 規則第1号
平成19年4月11日 規則第28号
平成21年6月8日 規則第8号