○上松町妊婦乳児一般健康診査実施要綱

平成22年3月17日

告示第19号

(目的)

第1条 この告示は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第13条に基づき妊婦・乳児の健康診査を通じて、妊婦・乳児の健康増進、疾病の予防、早期発見など健康管理の支援や健康増進を図ることを目的とする。

(対象者及び回数)

第2条 妊婦一般健康診査対象者は、町内に住所を有する妊婦で妊娠中14回、また、乳児一般健康診査は、町内に住所を有する乳児を対象に乳児期に1回医療機関にて健康診査を受けることができる。

2 新生児聴力検査は、町内に住所を有する新生児を対象に1回医療機関にて聴力検査を受けることができる。

(実施方法)

第3条 妊婦一般健康診査は、妊娠届時に、妊婦一般健康診査受診票14回分、追加検査受診票5回分(妊娠初期追加検査、血算(2回)、血糖、GBS)、また、超音波健診受診票(4回)を交付する。妊婦健診受診者は、それぞれの該当月の健診時に医療機関へ受診票を提出して健診を受ける。

2 乳児一般健康診査は、出生届時に、乳児一般健康診査受診票を交付する。該当乳児保護者は、乳児期に医療機関へ受診票を提出して健診を受けることができる。

3 新生児聴力検査は、新生児期に希望により医療機関で検査を受けることができる。

(委託契約)

第4条 妊婦・乳児一般健康診査の委託医療機関は社団法人長野県医師会、事務委託は長野県国民健康保険団体連合会、その他、必要に応じて契約した医療機関とする。ただし、町長が必要と認めた場合は、この限りでない。

2 実施に当たっては、別に委託契約を結ぶ。

(公費負担)

第5条 前第各条にて委託契約された健診料金は、長野県国民健康保険団体連合会を経由して、実施医療機関へ支払う。ただし、その他の契約機関の場合は、その医療機関の請求により支払う。

2 里帰り分べん等で県外の医療機関を利用する者については妊婦・乳児一般健康診査負担金交付(県外医療機関受診分)申請書(様式第1号)に領収書を添えて、健診後6か月以内に申請する。また、新生児聴力検査を受けた者は、新生児聴力検査負担金交付申請書(様式第2号)に領収書を添えて、検査後6か月以内に申請する。

3 町長は、審査の上、長野県医師会との委託内容に準じて負担金を交付決定する。この場合において、申請金額が長野県より低い場合には、申請された額とする。

4 申請者は、負担金交付決定に基づき妊婦・乳児一般健康診査負担金請求書(様式第3号)、新生児聴力検査負担金請求書(様式第4号)を町長に提出し、町長は、請求に基づき負担金を交付する。

附 則

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

上松町妊婦乳児一般健康診査実施要綱

平成22年3月17日 告示第19号

(平成22年4月1日施行)