○上松町ひのきの里総合文化センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成27年1月30日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、上松町ひのきの里総合文化センターの設置及び管理に関する条例(平成26年上松町条例第20号)第16条の規定に基づき、上松町ひのきの里総合文化センター(以下「総合文化センター」という。)の管理等に関する必要な事項を定めるものとする。

(利用手続き及び許可)

第2条 総合文化センターを利用しようとする者は、使用申込書(様式第1号)を町長に提出し、許可を得なければならない。

(利用料金)

第3条 利用料金の額は、条例及び条例施行規則に定めるところとする。

2 総合文化センターを利用した者は、別途発行される使用料金請求書(様式第2号)により利用料を支払わなければならない。

(利用の制限)

第4条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、総合文化センターの利用を制限することができる。

(1) 公の秩序を乱すおそれがあるとき。

(2) 施設、設備等を損傷するおそれがあるとき。

(3) 前2号のほか、町長が管理運営上利用を不適当と認めたとき。

(利用の停止等)

第5条 利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、利用条件を新たに附し、若しくはこれを変更し、利用を停止し、又は許可を取り消すことができる。

(1) 条例、その他これに基づく規定又は命令に違反したとき。

(2) 利用の許可条件に違反したとき。

(3) その他町長が必要と認めたとき。

(備品等の貸出禁止)

第6条 総合文化センター備付けの器具類は、センター外へ貸し出してはならない。ただし、町長が特別の理由があると認めたときはこの限りでない。

(利用料)

第7条 総合文化センターを利用する者は、利用料として別表に定める額を納付するものとする。

(利用料の減免)

第8条 町長が特に必要と認めたときは、利用料を減免することができる。

(利用料の還付)

第9条 町長は、既に納付された利用料金は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当し、かつ、特に必要があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用する者の責によらない理由で利用できなくなったとき

(2) 利用前に利用許可の取消、又は変更の申し出があり、町長が必要と認めたとき

(3) 第6条の規定により利用を停止し、又は許可を取り消したとき

(特別の設備等の申請)

第10条 利用者が特別な設備をし、又は設備に変更を加えようとし、あるいは備付けの設備以外の器具等を使用するときは、利用申請と同時にその旨を申請して町長の許可を受けなければならない。

(利用権の譲渡禁止)

第11条 利用者は、利用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(原状回復の義務)

第12条 利用者は、総合文化センターの利用を終えたとき、若しくは利用を停止されたとき、又は利用の許可を取り消されたときは、速やかに設備を原状に復さなければならない。

(賠償責任)

第13条 利用者が故意又は過失により、施設、備品等を損傷し、紛失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りでない。

2 前項の賠償額は、町長がその都度定める。

(補則)

第14条 この規則に定めるもののほか、総合文化センターの管理運営等必要事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

備品

区分

規格


基本

利用料金

備考

ピアノ

グランド

ホール

1時間

400


ピアノ

タテ型

音楽室

1時間

100


ステレオ


音楽室

1時間

50


マイク

ワイヤレス


1本・1時間

150


マイク

有線


1本・1時間

50


テレビ・DVDプレイヤー


大会議室

1時間

150


舞台吊物装置


ホール

一式

150


展示パネル



一枚/日

50


照明機器等

区分

規格

基本

利用料金

備考

ボーダーライト

3回路・舞台前面(赤青緑)

1時間

250


ホリゾンライト

3回路・舞台後面(赤青緑)

1時間

200


フットライト

3回路・舞台上セット使用

1時間

150


シリングスポットライト

3回路・舞台中央照明

1時間

200


スポットライト

3回路・舞台向照明

1時間

200


スポットライト

スタンド型


1時間

100


電気機器持込

1Kwまで


1時間

50


画像

画像

上松町ひのきの里総合文化センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成27年1月30日 規則第1号

(平成27年4月1日施行)