○上松町新生児聴覚検査助成金交付要綱

平成30年4月1日

告示第37号

(目的)

第1条 この要綱は、新生児聴覚検査による費用を助成し、新生児の聴覚に関する異常の早期発見及び早期に適切な援助を開始することを目的とする。

(対象者)

第2条 本事業の対象者は、町内に住所を有する保護者が平成30年4月1日以降に出産した新生児とし、保護者が新生児聴覚検査(以下、「検査」という。)を希望し医療機関において検査を受けた者とする。

(検査内容)

第3条 検査は原則として、出生後入院中に行うこととし、自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)若しくは耳音響放射検査(OAE)のいずれかの検査とする。ただし、検査を実施していない医療機関等で出産した場合は、検査が可能な医療機関にて生後6か月までに検査を行う。

(助成金額)

第4条 助成金の額は、第3条に定める検査費用として8,000円を限度とし助成する。ただし、検査費用がこれに満たないときは、その額とする。

(助成金の申請及び請求)

第5条 助成金の交付を受けようとする者は、検査後6か月以内に、上松町新生児聴覚検査助成金交付申請書(様式第1号)及び上松町新生児聴覚検査助成金請求書(様式第2号)に、医療機関が発行した領収書を添付し町長に申請するものとする。

(交付決定)

第6条 町長は、交付申請を受理したときには内容を審査し、これを適当と認めた者に対して助成金の交付決定を行い、助成金を支払うものとする。

(補助金の返還)

第7条 町長は、助成を受けた者が偽りの申請その他不正な手段により助成金の交付を受けたときには、助成金の交付の決定の全部又は一部を取り消し、助成金の返還を命じることができるものとする。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

上松町新生児聴覚検査助成金交付要綱

平成30年4月1日 告示第37号

(平成30年4月1日施行)