○上松町結婚祝金支給要綱

令和2年3月11日

要綱第4号

(趣旨)

第1条 この要綱は、町民の結婚を祝福するため、婚姻後に、本町に居住する意思のある夫婦に対し、結婚祝金(以下「祝金」という。)を支給することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象)

第2条 この祝金の対象となる者は、次の各号のいずれにも該当し、町長が必要と認めた夫婦とする。

(1) 令和2年4月1日以降に婚姻を届け出ていること。

(2) 夫婦の双方が、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく本町の住民基本台帳に記載され、祝金の申請をした日から5年以上本町に居住する意思を有すること。

(3) 町税等に滞納がないこと。

(4) 過去において、夫婦のいずれかが、この要綱に基づく祝金の支給を受けていないこと。

(祝金の額)

第3条 1組の夫婦に支給する祝金の額は、次の各号に掲げる額とする。

(1) 現金 20万円

(2) 上松町共通商品券 5万円分

(申請)

第4条 祝金の支給を受けようとする者は、婚姻届の提出日から起算して6箇月以内に、上松町結婚祝金支給申請書(様式第1号)に必要事項を記入し、必要書類を添付の上、町長に申請しなければならない。

(支給)

第5条 町長は前条の申請があった場合、その内容を審査し、当該申請に係る可否を決定し、上松町結婚祝金(支給・不支給)決定通知書(様式第2号)により申請者に通知し、支給するものとする。

(委任)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

画像画像

画像

上松町結婚祝金支給要綱

令和2年3月11日 要綱第4号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 行政一般/第1章 職制・処務
沿革情報
令和2年3月11日 要綱第4号