○上松町新成人及び大学生等新型コロナウイルス感染症検査費用助成事業実施要綱

令和2年11月25日

教育委員会告示第3号

(趣旨)

第1条 この要綱は、新型コロナウイルス感染症(以下「感染症」という。)の感染拡大に伴い、町外に居住する新成人及び大学生等が安心して成人式に参加できること、年末年始に帰省し生活できることを確保し、併せて故郷との絆を確認できるようにするため、感染症検査費用の一部又は全部を助成することについて、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところよる。

(1) 助成金 前条の目的を達するために、上松町(以下「町」という。)によって交付される検査費用助成金をいう。

(2) 新成人 平成11年4月2日から平成12年4月1日までに出生し、かつ、上松小学校又は上松中学校を卒業又は通学したことがある者をいう。

(3) 大学生等 学校教育法(昭和22年法律第26号)の規定に基づく、短期大学、大学、高等専門学校(第4学年、第5学年及び専攻科に限る。)、専修学校(専門課程に限る。)、大学院又は予備校に在学している者をいう。

(助成対象者)

第3条 感染症検査費用の助成対象者(以下「対象者」という。)は、当町出身で町外に居住している者で年末年始に帰省し、かつ、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 町の新成人

(2) 町内に住所を有する親族(直系2親等以内の者に限る。)がいる大学生等であり、かつ、令和2年12月1日現在在学をしている者

2 前項の規定にかかわらず、前項に規定する対象者に準ずる者で、町長が特に必要と認めた者に対し、助成金を交付することができる。

(対象検査)

第4条 この要綱による助成の対象となる検査は、新型コロナウイルス感染症に係る検査(PCR検査、核酸検出検査(LAMP法)、抗原定性検査又は抗原定量検査等。以下「検査」という。)で、令和2年12月21日から令和3年1月8日までの間に検査結果が出るものとする。

(申請者)

第5条 助成金を申請できる者は、対象者又は対象者を扶養している者とする。

(助成金の額)

第6条 助成金の額は、検査費用にかかる自己負担分とし、対象者1人につき1万円を上限とする。

2 前項の規定による支給は、対象者1人につき1回限りとし、他の制度と重複していないこととする。

(申請期間)

第7条 助成金の申請期間は、この要綱の公布の日から令和3年1月31日とする。

2 災害等やむを得ない事由により、期限までに申請ができなかったと町長が認めた場合は、申請期限を延長することができる。

(申請方法)

第8条 申請者は、上松町新成人及び大学生等新型コロナウイルス感染症検査費用助成金交付申請書(請求書)(様式第1号。以下「申請書」という。)に、次に掲げる書類を添付して申請をしなければならない。

(1) 新成人が申請に必要な添付書類は次のとおりとする。

 対象者の本人確認ができる書類(マイナンバーカード、運転免許証又は健康保険証等の写し)

 振込先口座が確認できる通帳(金融機関、口座番号、口座名義人)等の写し

 検査費用を支払った領収書の写し

 領収書に検査内容が記載されていない場合は、検査内容が分かる明細書

(2) 大学生等が申請に必要な添付書類は次のとおりとする。ただし、令和2年度上松町大学生等生活応援給付金の申請をした者で変更がない書類を省略することができる。

 在学を証明できる書類(在学証明書又は学生証の写し)

 対象者の本人確認ができる書類(マイナンバーカード、運転免許証又は健康保険証等の写し)

 振込先口座が確認できる通帳(金融機関、口座番号、口座名義人)等の写し

 検査費用を支払った領収書の写し

 領収書に検査内容が記載されていない場合は、検査内容がわかる明細書

(交付決定)

第9条 町長は、申請書を受理したときは、速やかに内容を確認し、その結果を上松町新成人及び大学生等新型コロナウイルス感染症検査費用助成金交付決定通知書(様式第2号)により、当該申請者に通知するものとする。

2 町長は、前項の規定により、助成金の交付を決定したときは、速やかに助成金を支払うものとする。

(助成金の交付等に関する周知)

第10条 町長は、助成金交付事業の実施にあたり、対象者の要件、申請方法等事業の概要について、広報その他の方法により町民への周知に努めるものとする。

(申請が行われなかった場合等の取扱い)

第11条 町長が、前条の規定による周知を行ったにもかかわらず、対象者から第7条に規定する申請期限までに第8条の規定による申請が行われなかった場合、対象者が助成金の交付を受けることを辞退したものとみなす。

2 町長が第9条の規定による交付決定を行った後、申請書の不備による振込不能等があり、町が確認等に努めたにもかかわらず申請書の補正が行われないとき又は対象者の責に帰すべき事由により支給が出来なかったときは、当該申請は取り下げられたものとみなす。

(不当利得の返還)

第12条 町長は、偽りその他の不正の手段により助成金の交付を受けた者があるときは、既に交付した助成金の返還を求めるものとする。

(その他)

第13条 この要綱に定めるもののほか、助成金の交付に関する必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、交付の日から施行する。

(この要綱の失効)

2 この要綱は、令和3年3月31日限り、その効力を失う。

画像

画像

上松町新成人及び大学生等新型コロナウイルス感染症検査費用助成事業実施要綱

令和2年11月25日 教育委員会告示第3号

(令和2年11月25日施行)