○上松町国民健康保険税の減免に関する規則

昭和59年12月14日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、上松町国民健康保険税条例(昭和38年上松町条例第5号。以下「条例」という)第24条の2の規定に基づき、国民健康保険税の減免に関し、必要な事項を定めるものとする。

(国民健康保険税の減免)

第2条 国民健康保険税条例第1条の規定による納税義務者が、次の各号に該当することとなった場合の減免額は、それぞれの基準の範囲内とする。

(1) 貧困のため生活が著しく困難であり、かつ困窮の度合いが上松町税の減免に関する規則(昭和59年上松町規則第12号)第2条第2号に準ずると認められる場合は、次表の区分による割合を乗じて得た額

区分

減免の割合

収入月額が生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による保護の基準額(以下「基準額」という。)以下の者

6/10

収入月額が基準額の1.1倍以下の者

5/10

収入月額が基準額の1.2倍以下の者

3/10

(2) 天災又は、これに準ずる災害による場合は、次の表の区分による割合を乗じて得た額

合計所得金額

減免の割合

3,000,000円以下

6/10

4,500,000円以下

4/10

4,500,000円超

2/10

(減免の対象となる年度等)

第3条 前2条の規定による減免は、当該減免理由の発生した日の属する年度の申請書を受理した日以降に到来する納期日に納付すべき税額とする。ただし、当該理由が消滅した日以降に到来する納期に係る税額については、これを減免しない。

(減免申請書の提出)

第4条 条例第24条の2第2項の規定による減免申請書は当該減免を受けようとする年度ごとに、提出しなければならない。

(減免申請書等)

第5条 条例第24条の2第2項の規定による減免の申請は、町税減免申請書によるものとする。

2 前項の申請があった場合において、これに対する決定をしたときは、町税減免承認(不承認)通知書により通知するものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

上松町国民健康保険税の減免に関する規則

昭和59年12月14日 規則第13号

(昭和59年12月14日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 国民健康保険
沿革情報
昭和59年12月14日 規則第13号